胡蝶蘭を植え替えてみよう

胡蝶蘭の植え替え

胡蝶蘭は植え替えると元気な花を咲かせます

胡蝶蘭を花屋さんで購入したり贈り物としてもらったりした時には、株自体が3つや5つにわけられて同じ鉢の中に植えられているような状態になっているでしょう。そして各々の株自体は鉢から出してみると根っこがビニールで覆われているという状態になっています。結構、窮屈な状態になっているのです。手元に胡蝶蘭がやってきてすぐに植え替えることもありませんが、咲いていた花が終わった時には、それを機会に植え替えをすると良いでしょう。植え替えの基本は通気性をよくするということを頭において行うということです。ビニールなどに覆われている状態だと当然通気性も悪く根腐れを起こしてしまう可能性があるからです。ビニールの代わりにはストッキングなどを巻くと良いと言います。ストッキングなら通気性が保てるからです。根が崩れるのを防ぐためと根腐れになることを防止する意味があるのです。植え替えを行うのであれば温度は27度位の頃が最適だと言われています。植え替えが終わればもちろん直射日光などは避けて間接的な光が入るような室内で育てるように心がけましょう。なお、植え替えの際には鉢に関してもできるだけ通気性が良いと思われるような鉢を選び伸び伸びと胡蝶蘭にとって育ちやすい環境にしてやるということも大切な点となります。胡蝶蘭は育てていくのが難しいと言われます。植え替えも慎重に行っても思ったようにならないこともあるようです。焦らず地道に行っていくことがポイントです。